ガラケーから格安Simでスマホに移行する際注意したい点

現在では格安simと呼ばれる安価に通信契約できるサービスが人気となっています。従来の契約と比較をしてみると格段に節約ができる場合がありますので、月々の負担が気になるという時に便利です。そして格安simを利用してガラケーからスマホへと移行する方も多いのですが、ただ注意点もありますので知っておいた方が良いでしょう。
まず違約金が掛かってしまう可能性があること。例えば大手キャリアと契約をしている場合、一定の期間内を除いた期間に契約を解除すると違約金が掛かってしまうことがあるのです。違約金が掛かるタイミングでの解約ですと余計な負担を負うことになってしまいますので注意が必要。ですから違約金が気になる時にはいつ頃なら無料で解約ができるのか契約期間について確認をしてみた方が良いでしょう。
キャリアメールが使えなくなることも知っていた方が良いと言えます。格安simになると別途メールアドレスを取得しなければいけなくなりますので、キャリアメールに頼っていた場合ですと不便を感じてしまうかもしれません。
中にはキャリアメール以外のドメインは受信拒否にしているような人もいるようですから、もしかしたらメールで連絡を取りたいと思っても取れなくなる可能性もあります。その為、キャリアメールが使えないことの影響をよく考えてみる必要があると言えるでしょう。
通話料金が高くなってしまう可能性も知っておくことが大切です。大手キャリアと契約をしている場合、月々の契約費用は高めになることがあるものの、しかしながらその中には無料通話分が含まれている場合が殆どです。さらには同じキャリア同士なら無料で通話ができたりしますので、実際は通話料金で節約ができている場合があります。
ところが格安simにすることによってその無料通話分がなくなってしまいます。ですからよく電話を掛けるという方の場合ですと、通話代が高くついてしまう可能性があるのです。結局あまり節約にならない可能性がありますので注意が必要です。
ただし、スマホにすることによって無料で通話ができるアプリを利用できるようになります。アプリを上手く活用すればタダで電話を掛けることも可能になりますので、工夫次第では通話代に関しても心配をする必要はなくなります。因みに格安simの提供業者の中には一定の時間なら無料でかけ放題ができるサービスを展開しているところもあります。通話代が気になる時にはそうしたサービスを用意しているところを選ぶのも良いでしょう。